【限定50名】10大特典付★ダイエット1週間お試しセット痩せなかったら全額返金!

2006年05月21日

映画「ダ・ビンチ・コード」観ました、観ました!!

映画「ダ・ビンチ・コード」観ました、観ました!!

ひらめきおもしろかった!
(原作読んでおいて良かった)

icon
icon
ダ・ヴィンチ・コード(上中下) すでに品切れ
icon

ちょっとさめた表現なのは……、


《良》な所
1)2時間30分の映画とは思えないほどの「ジェットコースタームービー」です!! そんじょそこらの映画とは違うよ。飽きない。飽きさせない。疲れる(笑) ある意味、米ドラマ「24−TWENTY FOUR」に近い。

2)トム・ハンクスが上手。やられた。髪型が変(笑) あ、最後への「自然な」前フリなんだな、これが。

3)ラストは原作よりスマート。


《ちょっと…ね》な所
1)原作を読んでいないと、チンプンカンプン。初めてこの話題を映画で観たら、そりゃ「失笑」も出るかも。宗教的側面や「うまみ」はカットしてある。ある意味はしょりすぎ。

2)誰がだれで、どんな気持ちかの描写が少ない。っていうかそんな暇さえ無し。何てったって「ジェットコースタームービー」ですから(苦笑)

3)ダ・ビンチやモナ・リザについてはほとんどふれない。っていうかそんな暇さえ無い「ジェットコースタームービー」ですから(辛笑)

4)原作はおもしろいんだけど「ミステリー小説」としては、ややB級だった。映画は最高にエキサイティングなんだけど「ミステリー映画」としてはやはりA級では無い、かな。「ジェットコースタームービー」としてはAAA級(だはは)今後の教科書的存在になると思うけどね(ちょっとよいしょしすぎ)


とにかく、
1.話題性は抜群なので、観た方が○
2.ただし、この内容をちゃんと楽しみたいのなら、原作をきちんと読んでからが○
3.原作大好きの人は、また違った話と思って映画を観た方が○

あとは、

icon
icon
映画ダ・ヴィンチ・コードオフィシャル・ムービー・ブック
icon

ですね。










ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版


Amazon.co.jpでお買い物






ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版


クチコミ評価:

星3つ


著者:ダン・ブラウン(著),越前 敏弥(翻訳)


出版社:角川書店


ISBN:4047915076





これも良し!






Powered by WiPi







映画を観たら、
posted by 激安最小時事評論 at 01:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(29) | 映画

2005年06月08日

勝利!勝った!ドイツだ!

サッカーとにかくやった!
Wカップだ!

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050608&a=20050608-00000123-mai-spo


携帯からもこんな感じに投稿出来ちゃうんですね(笑)
「モブログ(携帯ブログ)利用可能」参照
http://blog-tour.seesaa.net/article/1952269.html

あらら、メインタイトルまで…
posted by 激安最小時事評論 at 21:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年06月04日

勝利!サッカー

Wカップ予選大きい一勝。よくがんばった。
これで勝ち点9。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050604-00000004-mai-spo


次は
posted by 激安最小時事評論 at 03:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年05月31日

「アナキン・スカイウォーカー」建築家に?!

「スターウォーズ エピソード3」すごい人気ですね。
ファンとしては、早く見たい!(5/31時点)

「アナキン・スカイウォーカー」=「ダース・ベーダー」=「ヘイデン・クリステンセン」は、役者6年でこんなこと言っちゃってるんですね…。

『「スター・ウォーズ」のヘイデン・クリステンセン、俳優辞めて建築家に!?』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050531-00000010-flix-ent

『デビューして6年しか経っていないヘイデン・クリステンセン。「スター・ウォーズ」シリーズでスターの地位を獲得したヘイデン・クリステンセンだが、「ハリウッドは面白くない。代わりに建築を勉強しようかと思っている」と発言。「ひとつの映画はひとつの生産物で、役者は自分を売ることができて初めて映画を売ることができる。始める前には、誠実さを捨てないといけないんだ」と、ハリウッドへの幻滅を語った』


その後、けっろと忘れたようにこんな事言ってるし。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050709-00000016-sph-ent

「みゅ〜みゅ〜さんの壺焼き」さん
http://miyuki.cocolog-nifty.com/myumyu/>も、

「共働き家庭の子育て生活支援研究会」さん
http://tomobataraki.seesaa.net/article/4967183.html>も、

はやくSW見ましょうね(笑)


エピソード7−9では、
posted by 激安最小時事評論 at 15:30 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。