【限定50名】10大特典付★ダイエット1週間お試しセット痩せなかったら全額返金!

2006年01月21日

やっぱり…危険部位が混入!!

『米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060120-00000013-yom-bus_all


『政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。 安全が確認されるまでの措置。食品の安全性をめぐる議論の末に、一度は決着した米国産牛肉の輸入禁止問題は、振り出しに戻る。

米国側のずさんな対応と同時に、米国に対する配慮から輸入再開を急いだ日本政府への批判も強まると見られる。

 問題の牛肉は、米ニューヨーク・ブルックリンの食肉加工業者が輸出したもので、20日に成田空港に到着。動物検疫所で調べたところ、41箱(390キロ・グラム)のうち3箱(55キロ・グラム)から、背骨がついた子牛の肉が見つかった。これらの牛肉はすべて送り返すか焼却処分する。
 この業者は、禁輸措置前に日本への輸出実績がある。再開後の今月6日に対日輸出向けの加工場として米政府の認定を受けたばかりだ。第1号となった今回の牛肉には、米政府の検査官の証明書もついていた。脊柱は、脳などとともにBSEを引き起こす病原体が蓄積されやすい部位とされ、除去することが日本の輸入条件となっている。
 輸入再開時の日米間の取り決めでは、重大な違反があった場合、米政府が問題のあった食肉処理施設に対日輸出を禁じることになっている。しかし、今回は首相の強い意向もあり、日本側の判断で全面的な輸入停止に踏み切った。政府は米政府に原因の究明と改善措置に関する報告を求める。米側の報告内容を農水、厚労、外務の3省が協議し、安全性が確保されると判断すれば、輸入を再開する。
 米国内での特定危険部位の除去作業をめぐっては、昨年8月、米国政府が自ら1000件を超える手続き違反を公表していた。厚労省によると、輸入再開から今月19日までに、1373トンの米国産牛肉が既に輸入されている』


「BSE対策で違反1000件超 米政府安全性根拠揺らぐ」<http://r2-d2.seesaa.net/article/5950792.html
はずなのに、やっぱりね。


さぁ、みんなで牛肉輸入しろって。狂牛病になりなさい! 米牛肉業者のためにね。どうせ発病したって俺たちには関係ないし》<http://r2-d2.seesaa.net/article/6587049.html
は、本当なんですね。



プリオン説が確証がないといっても、現在この状況を科学的に説明できるのはプリオン説しかないのは事実。いままでにこんな感染はなかった事をもっと重量視すべき。
1.加熱しても滅菌できない。
2.少量でも感染する。
3.発症までに数年潜伏期間がある。
4.発症したら宿主は必ず死ぬ。


牛肉輸入再開する最低条件は、
「全頭検査」しかない。



詳しくは「2005年06月11日」ブログも参照
http://r2-d2.seesaa.net/article/4290952.html


だから、
「科学的正論を無視する」のは、やめようよ。

『<米国産牛肉>脊柱の付いた写真公開 農水省』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060121-00000090-mai-bus_all

『農林水産省は21日、成田空港で20日見つかった脊(せき)柱(背骨)が付いた米国産牛肉の写真を公開した。肉の塊の表面に浮かび上がるように付着した太い骨がはっきり見える。脊柱の特徴である竹の節のような模様も確認でき、「まさに一目瞭然」(同省消費・安全局)。
米政府の検査官は、特定危険部位である脊柱が付いた肉を日本に輸出できないことを知らなかった。

↑考えられません。
絶対に日本での全頭検査が必要です。
このまま再輸入したら本当に8年後、ヤコブ病似のスポンジ脳症患者だらけになりますよ。

本当に。


このブログもいつもすごい…。
『きっこの日記』
http://www3.diary.ne.jp/user/338790/
posted by 激安最小時事評論 at 09:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


アメリカ産牛肉が再び全面的輸入停止にっ!
Excerpt: <米国産牛肉>再び輸入禁止 危険部位の混入確認 (毎日新聞) - 1月21日1時54分更新 政府は20日、米国から同日朝輸入された牛肉に脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが確認されたと発表..
Weblog: やっばり言いたい中年のひとこと日記
Tracked: 2006-01-21 11:17

アメリカの肉屋のボケナス!
Excerpt:  懸念通りや! 輸入再開ってなことするさかいに、慌ててアメちゃんに押されて輸入再開なんかせんかてええんや。 ほんまにNOと言えないJAPANの政治屋のおいぼれ爺達。  輸入再開時にも言うたが、あいつ..
Weblog: やんちゃなおやじ!
Tracked: 2006-01-21 13:51

米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入
Excerpt: 政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。 <br /> ..
Weblog: 参加型ニュースサイト@NEWZ(アット・ニューズ)
Tracked: 2006-01-22 19:03

感染対策
Excerpt: 皆さんこんばんは、モリヤデンタルオフィスの森谷です。アメリカ産牛肉の問題とかを知ると、やっぱり医療(私の場合は、歯科医療)の感染対策は重要だなと思います。たぶん大丈夫だからやらなくて良いというのはたん..
Weblog: 沖縄で歯科医院開業日記
Tracked: 2006-02-02 10:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。