【限定50名】10大特典付★ダイエット1週間お試しセット痩せなかったら全額返金!

2006年02月09日

米でBSEへたり牛20頭が食肉処理! ありえない実態

これが現実です。
いいかげん、目を覚ましましょう。



『<BSE>へたり牛20頭が食肉処理 米農務省対策監査』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060209-00000003-mai-bus_all

『米農務省の監察官事務所によるBSE(牛海綿状脳症)対策監査で、米国内の食肉処理施設がBSE感染の兆候とされる歩行困難牛(へたり牛)20頭を原因不明のまま食肉処理していたことが8日分かった。歩行困難牛は食肉処理が禁じられており、米国のずさんな体制が新たに発覚したことで、日本の消費者の不安がさらに高まるのは必至。特定危険部位の混入で再停止された米国産牛肉の輸入の再開時期に影響しそうだ。
 報告書によると、04年6月〜05年4月、監査対象の食肉処理施設12カ所のうち2カ所で計29頭の歩行困難牛を食肉処理。うち、けがなどが原因と確認された以外の20頭は歩行困難の原因が書類に記録されていなかった。
 施設には農務省の検査官がいたが、施設到着時点の目視検査で正常だったため、その後歩行困難になってからの検査を十分に行わなかった。同事務所は、同省食品安全検査局に改善を勧告し、同局は改善を約束した。
 報告書は目視検査について、全頭を対象にすべきなのに、33の食肉処理施設が5〜10%の「抽出検査」にとどめていたことも指摘。ただ、農務省が05年7月に抽出検査中止を指示したため、改善勧告は見送った』


…これでは、日本食市場は確実に
「植民地」か「奴隷」とみなされています。


《さぁ、みんなで牛肉輸入しろって。狂牛病になりなさい! 米牛肉業者のためにね。どうせ発病したって俺たちには関係ないし》
http://r2-d2.seesaa.net/article/6587049.html
は、本当なんですね。



『New York Watch 〜ニューヨークの街角から〜』さんによると、
http://www.nomeri.com/newyorkwatch/archives/2004/03/111459.html

『(前略)〜記事はアメリカの BSE に関する最新ニュースだが、かなり恐ろしいことが書かれている。
まず現在の検査割合だが、たったの0.06%しか対象にしてなかったということ。
つぎに対象の数を30万頭まで増やすと言っても、それでもたったの0.87%にとどまること。
さらに怖いのは「へたり牛」のくだり。BSEの可能性が高いとされる「へたり牛」、これは歩けない牛とかよろよろする牛らしいんだけど、これが年間15万頭から20万頭も発生したとは!
つまりへたり牛が毎年20万頭ちかく発生していたにもかかわらず、「疑わしい牛」として2万頭しか検査せず、しかもそのうちのいくらかは知らないけれど、最近まで出荷されていた、という事実。

そもそもアメリカは日本での狂牛病発生以来、牛肉やら牛脂関連製品の輸入を全面的に停止している。そのおかげでしばらくシチューの素などが日本食料品店から姿を消していた時期があったほど。
全頭検査している日本の牛肉とその製品の輸入を制限したまま、アメリカは日本に輸入再開に向けて圧力をかけている。しかも牛の全頭検査はしないのだ。
つまりより安全な日本からの製品は流通させず、危険度が高いと思われる国内牛肉にはそのまま規制をかけていないこの国は、消費者権益より生産者権益を取っているにほかならない。値段が高くならないよう、ということや市場パニックになるから、というのがその理由だとして、消費者の利益を守るためだというなら、それは間違いだろう〜(後略)』



さらに、
アメリカのBSE患者(vCDJ)は、年間9500名か?(荒っぽい計算ですが)』さんより
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/362.html

『(前略)〜エール大学神経病理学科外科部門の研究チームの検討を含め複数の研究で、剖
検によりアルツハイマー病あるいは痴呆症と診断されていた患者の3〜13%が実際はクロイツフェルト・ヤコブ病に罹患していたことが判明したとしている。
米国では毎年アルツハイマー病と診断される患者が400万人、痴呆症患者は数十万人が発生していることから、最も少なく見積もって12000人以上のクロイツフェルト・ヤコブ病患者が検出されず、公式統計に含まれない可能性がある。
実際、アルツハイマー病と診断された死亡患者数は1979年には857例であったものが、2000年には50倍以上の5万例近くとなった。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
これは衝撃的な数字だと思います』


米国はヒトのBSE関連疾病(ヤコブ病等)の統計を正確に発表していない、もしくは統計自体を正確にとっていないのでは、とのこと。


ね。
科学的正論を無視するのはやめようよ




アメリカでは、

『New York Watch 〜ニューヨークの街角から〜』さんに、
http://www.nomeri.com/newyorkwatch/archives/2006/01/222022.html
詳しく載っています。
そんなもんなんですね。

posted by 激安最小時事評論 at 11:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(8) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13019989

アメリカの馬鹿げた法律〜食品悪評禁止法でメディア規制
Excerpt: 「アメリカでは科学的根拠やデータを証明できない限り、食品の安全性について悪評を立てることを禁じられている」■食品悪評禁止法(Food−DisparagementLaw)僕がよくみているインターネットニ..
Weblog: アメリカ奮闘記StruggledLifeinAmerica
Tracked: 2006-02-09 14:47

アメリカ牛は危険、食べるな!〜BES牛3頭目の疑いで
Excerpt: アメリカの牛肉は危険!昨日アメリカでBSEの疑いがある国産牛が見つかったと米農務省は発表した。現在、イギリスのウェイブリッジ研究所で最終検査を行うが、感染が確認されればアメリカ国内では3頭目のBES国..
Weblog: アメリカ奮闘記StruggledLifeinAmerica
Tracked: 2006-02-09 14:48

アメリカ牛肉は安全か?〜食肉安全委員会のからくりを考える
Excerpt: 遅ればせながら、どうやらアメリカの牛肉輸入再開の方向に向かっているようです(関連記事)イラク戦争とカタリーナ復興の費用で財政が厳しくなりつつなるアメリカにとっては、少しでも国内の産業を活性化させ貿易輸..
Weblog: アメリカ奮闘記StruggledLifeinAmerica
Tracked: 2006-02-09 14:49

へたり牛20頭が食肉処理 米農務省対策監査
Excerpt:  【ワシントン木村旬】米農務省の監察官事務所によるBSE(牛海綿状脳症)対策監査で、米国内の食肉処理施設がBSE感染の兆候とされる歩行困難牛(へたり牛)20頭を原因不明のまま食肉処理していたことが8日..
Weblog: (・ω・)
Tracked: 2006-02-09 15:15

へたり牛20頭を食肉処理していたそうですよ、中川大臣!これは牛肉テロだ!
Excerpt: 米国は、いわゆる「へたり牛」を食肉加工していた。
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-02-09 19:36

「へたり牛」20頭が食肉処理、いい加減な米国・・・
Excerpt: 米国農務省のBSE対策監査で、歩行困難牛(へたり牛)20頭が食肉処理された事実が・・・。 原因不明の歩行困難牛、いわゆるへたり牛は牛海綿状脳症(BSE)感染の可能性があり、 米国でもBSE感染牛が..
Weblog: だんなの屋根裏部屋
Tracked: 2006-02-09 20:38

■米、へたり牛を原因不明のまま食肉処理
Excerpt: 米国内の食肉処理施設が歩行困難牛(へたり牛)20頭を、原因不明のまま食肉処理していたことが明らかになった。計29頭の歩行困難牛が食肉処理され、けがなどが原因と確認された以外の20頭は原因が明らかにされ..
Weblog: コレバナ〜裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト〜
Tracked: 2006-02-09 23:30

米国農務省監査局発表BSE監査報告
Excerpt: {/hiyo_ang1/}ワシ情けないねん。腹立つねん。 {/face_kaze/}ナンや。どないしたん。 {/hiyo_ang1/}こないだな、農務省の監査局から国内のBSEの監査報告が出たやろ..
Weblog: 斜46°
Tracked: 2006-02-11 01:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。