【限定50名】10大特典付★ダイエット1週間お試しセット痩せなかったら全額返金!

2006年02月25日

米牛肉検査官は輸出条件さえ知らず!!!!!  ずさん過ぎ!!

《米産牛肉の対日輸出許可、検査官は輸出条件さえ知らず》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060225-00000003-yom-bus_all

『BSE(牛海綿状脳症)対策で除去が義務付けられている脊柱(せきちゅう=背骨)が米国産牛肉に混入していた問題で、問題の牛肉の対日輸出を許可した米農務省の
検査担当者2人が、一度も食肉輸出に関する研修を受けず、輸出条件を何も知らなかった
ことが分かった。米農務省が行った事情聴取に対し、検査官らが証言した。
 今回の混入問題では米側の検査体制の不備が明らかになっているが、改めて米食肉管理行政のずさんな実態を示す内容として注目されそうだ。

 米農務省は17日、今回の混入問題の経緯や再発防止策をまとめた報告書を日本政府に提出した。今回の証言は、報告書の付属文書として同省が追加公表した検査官らの供述調書で明らかになった。
 それによると、米ニューヨーク州の食肉業者「アトランティック・ビール・アンド・ラム」に対して問題の牛肉の輸出許可を与えたワイ・オア検査官は9か月前に採用されたばかり。これまで輸出手続きの研修や指導を受けたことが全くなかった。日本に対する輸出条件も全く知らなかったが、貿易相手国の条件をチェックするのは「自分を監督する農務省獣医師の仕事と思っていた」としている。
 一方で、オア検査官とともに輸出許可に署名したキース・ウィリス獣医師は証言で「日本の輸入条件を調べたことはなかった」としており
検査は事実上まったく行われないまま
許可が出されていた。
 問題の牛肉をアトランティック社に卸したオハイオ州のグループ企業「ゴールデン・ビール」の出荷検査担当員も証言で、農務省が相手国別に輸出条件を定めた「輸出証明プログラム」の内容を知らず、検査に必要な知識がほとんどなかったことを認めている』


これを「おかしい」と思わない人は、

感覚が麻痺しています。

追加です。
食品悪評禁止法(Food−Disparagement Law)
ってすごいですね。

[アメリカ奮闘記]
http://plaza.rakuten.co.jp/vinalia/diary/200508070000/>や、

[日本とその隣人たち。]
http://ameblo.jp/mkri/entry-10005161051.html
に詳しく書いてあるけど。

国民は「人」では無く「消費者」という発想なんだね。
ましてや「他国民」は「いいから買えよ」なみの「物」的発想ですね。
やっぱり和牛がいいかな。
黒毛和牛の三大人気!佐賀牛 松坂牛 神戸牛 プレゼントにも最適な極上佐賀牛 サーロインステーキ♪黒毛和牛の三大人気!佐賀牛 松坂牛 神戸牛 プレゼントにも最適な極上佐賀牛 サーロインステーキ♪
販売元 : 食の散歩
価格 :
宮崎牧場直営『愛郷ファーム』だからこそできた 他店にはできない極上牛肉の格安通販! 松坂牛や神戸牛と同じ最高級霜降り牛肉の..
>>Seesaa ショッピングで買う

posted by 激安最小時事評論 at 13:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13754042

アメリカの馬鹿げた法律〜食品悪評禁止法でメディア規制
Excerpt: 「アメリカでは科学的根拠やデータを証明できない限り、食品の安全性について悪評を立てることを禁じられている」■食品悪評禁止法(Food−DisparagementLaw)僕がよくみているインターネットニ..
Weblog: アメリカ奮闘記StruggledLifeinAmerica
Tracked: 2006-04-16 15:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。