,気になったらコメントするブログです。息抜きにちょっぴりどうぞ…。" />
【限定50名】10大特典付★ダイエット1週間お試しセット痩せなかったら全額返金!

2005年11月06日

902iのキーレスポンスphone to

『「902i」の“レスポンス”をチェックする』はすごい! 良い記事!!
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0510/28/news008.html

『昨今のFOMAに対する不満で最も大きい“サクサク感のなさ”。最新の902iではどこまで改善されただろうか。試作機ではあるが、各機種のレスポンスの様子を動画でお届けする。ドコモの902iは機能面ではハイエンド。しかし忘れてはいけないのが、どのくらいキビキビと操作に対して反応するかだ。読者からのメールでも、902iで最も気になるのは操作に対するレスポンスだという声が多数を占めた。
「一番知りたいのは、遅いとよく言われる90xシリーズの動作レスポンスです」 「通常の画面やメール画面の実行速度やレスポンスの速度。もっさりしている機種は買いたくない」 「とにかくレスポンスの具合!これに限ります。機能が良くても処理が遅いんじゃ、話になりません」 「とにかくFOMAの動作レスポンスの速度がどれだけ違うのか?」
 まずは背景を解説しておきたい。ムーバ時代にはレスポンスについて不満のなかったドコモ端末だが、FOMAとなってからは操作に対する遅れが目立つようになった。理由は大きく2つある。
 1つは各機種共にCPUとしてテキサス・インスツルメンツ(TI)のOMAPプロセッサを採用してきたこと(3月29日の記事参照)。OMAPが遅いという意味ではなく、処理が追いつかないからといって勝手にパフォーマンスを上げることが難しいチップ構成となった。以前のFOMAは、機種によっては処理速度向上のため、OMAPのほかに別途「SH-Mobile」を搭載したり(7月13日の記事参照)、ATIなどのグラフィックス専用チップを積んだりした機種もあるほどだ。
 2つ目は、ソフトウェアの複雑化に伴い、汎用OSを採用したこと。これまでのメーカー独自のリアルタイムOS(RTOS)とは違い、汎用OSは自由な作り込みが難しい。マルチタスクが可能になるなど、OS自体の機能も向上しているため、処理速度に影響が出る場合もあった。基本的には同じCPUを使っているため、汎用OS組は動作が重くなる。下表を見てもらえれば、だいたいの傾向がつかめるだろう(以下略)』


携帯に必要なのは基本的動作や操作について。こういった記事が必要なのだ。

『「902i」の文字入力を考える』
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0511/04/news102.html

『地味ながら、実は大きく変わった902iシリーズ各種の日本語入力システム。各機種の方式の違いとともに、大きく変わったP902iの状況をまとめる。
 902iシリーズの改善ポイントはいくつもあるが、地味ながら重要な改善となったのは“文字入力”だ。機種毎の違いも大きいこのポイントをまとめておこう。
ATOKから独自まで各種の文字入力方式
 まずは902iが採用した日本語入力システムを、1世代前も含めて一覧しよう。

メーカー       901iS        902i
NEC          独自/T9ダイレクト 独自/T9ダイレクト
パナソニックモバイル 独自/T9      Advanced Wnn
シャープ       ケータイShoin3   ケータイShoin4
三菱         独自         ATOK+APOT
富士通        独自        ATOK+APOT
ソニー・エリクソン  −          POBox(Wnn)

機種別でも見ていこう(以下略)』


この記事も最高!

posted by 激安最小時事評論 at 00:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。